シワ解消には保湿ケアとバリア機能の回復が大切

年をとると、目元に細かなシワがたくさんできることがありますが、保湿をして目元の乾燥を解消することでシワを減らせます。肌が乾燥してくると肌を守るために角質が厚くなってきます。

角質層が厚くなると皮膚のきめを整えておけなくなって、乾燥じわが増えやすくなっていきます。細かなシワができた時には、肌の保湿力が上がるようにケアしましょう。目元の皮膚はとても繊細で痛みやすいので、目元専用のスキンケア化粧品を利用するといいでしょう。目元専用でないものだと保湿が不十分だったり、アルコールやパラベンなどの成分が配合されていると肌に刺激を与える可能性があります。目元のシワを解消するためなら、保湿力が高く、刺激の少ない商品にすることが大事です。シワの解消をサポートする保湿成分には、ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲンなどの成分があります。様々な保湿成分の中でも、セラミドは肌の保湿と共に、肌のバリア機能を改善する作用があります。乾燥しやすい肌とは、肌を油分で覆って水分の蒸発を防ぐ機能自体が、弱まっている状態を指しています。肌のバリア能力が下がっていると、どんなに保湿成分を皮膚に供給しても、あっという間に乾燥してしまうので無意味です。シワの解消をするにはまずは肌のバリア機能を回復させることを考えてみることが必要です。
AGOSリッチエッセンス