リンゴ果実培養細胞エキスにどんな効果があるの?

リンゴ果実培養細胞エキスには、皮ふ幹細胞の機能を高め、表情ジワを減らす効果が実証されています。

※幹細胞:自ら増殖する能力とさまざまな細胞に分化する能力を持つ細胞。

ある実験では、20名の被験者に、リンゴ果実培養細胞エキスが2%含まれたクリームを28日間目尻に塗ったところ、被験者全員のシワの深さが減少したり、肌質の改善が認められました。

このような効果があるリンゴ果実培養細胞エキスは、ただのリンゴからは取り出せません。

スイスにあるウトビラー・スパトラウパーというリンゴからしか取れません。

このリンゴは、品種改良により、4ヵ月間腐ることがありません。

しかし、このリンゴの木は、スイスでわずか20本しか残っていません。

そこで、ウトビラー・スパトラウパーから幹細胞を取りだし培養したのが、リンゴ果実培養細胞エキスです。

腐らないリンゴの話は、「ほんまでっか!?TV」という番組で取り上げられ、一気に注目を浴びることになりました。

放送されたのが2011年5月。相当インパクトがあったようで、リンゴ果実培養細胞エキスといえば「ほんまでっか!?TV」の話がでてきます。

参考:スキンフェアリーはホンマでっか!?リンゴ幹細胞の効果があるって