歯が強くなる仕組み!再石灰化ってる?

歯を強くするには再石灰化が重要です。
でもあまり聞いたことがない言葉ですよね。
むし歯はショ糖を代謝したむし歯菌が酸を排出するために
歯質が溶けてしまい、さらに虫歯が進行してしまいます。

食事をした後は、歯にプラーク(歯垢)が付着します。
そのプラーク(歯垢)はの中にはむし歯菌が住みやすい環境に
なっています。むし歯菌によって排出された酸は、歯のエナメル
質表層のアパタイト結晶を溶かしてしまいます。

このことを脱灰といいます。

一方で唾液中のミネラルは酸を中和して再び歯に沈着して
再石灰化を起こします。

実は、このようにエナメル質表層では脱灰と再石灰化が
頻繁に起こっているわけです。

このバランスが崩れて、唾液が少ないような状態なると
むし歯が進行してしまうわけです。

いわゆるドライマウスの状態になっているので、

・舌を動かす
・ガムを噛む
・発声練習をする
・よく噛んで食べる
・運動を良くする
・日頃からストレスをためない
・舌の体操をする

など、普段から意識して舌を動かしておくことでしっかりと唾液が出ます。
むし歯になってからでは遅いので、日頃から注意しましょうね。

はははのは