肌の乾燥によってできる目尻のしわの予防対策

お肌の乾燥や年齢を重ねていくことによって気になり始める目尻のしわには種類があり、原因も異なってきます。よくあるしわが、お肌の乾燥によるものです。スキンケアをしたばかりの時や、風呂から上がった後は、肌の水分量が多くなっていますので、目尻の小じわはわかりにくくなります。肌の水分不足が続くと、しわができやすくなりますので、肌の保湿ケアに力を入れることは急務です。ちょっとしたこじわ程度と放置していると、だんだんと目立つ大きなしわになってしまうので、注意が必要になります。目尻にしわをつくらないためには、笑顔になった時のしわの他、表情じわができないように注意をすることも大事です。しわのケアをせずにいると、真顔の状態でも消えることなく残ってしまうことになり兼ねません。しわに気づいた時にすぐにケアできる状態にないと、後日、よりしわが増えてしまう可能性もあります。目尻にしわができると、ますます年をとって見えるようになりますので、若く見せるためにはしわ解消がとても大事になります。表情筋の影響で、目尻にしわができやすいのは、目を取り巻く皮膚は薄くて、しわの癖が一度ついてしまうと、元通りの弾力性を取り戻せないためです。これ以上に目尻にしわをつくらないように注意するために、紫外線ケアを十分に行ったり、毎日のクレンジングを帰宅直後に必ず行うようにしてください。目元に使える保湿ケア用の美容クリームや保湿用品など、様々な知識や道具を活用して目尻のしわを減らしましょう。

フェイスオイルとは?