肌の上に乗せるもの全部をスキンケアと考えて

カサついたり、皮膚が白っぽく粉を吹いたように見えたり、酷い場合は、鱗のようにめくれてきたりする乾燥肌。

最近は一年中空調の整った体に快適な環境で過ごすことが多く、実はこれが乾燥肌になってしまう原因の大半を占めています。
乾燥肌は、日々空調との終りなき戦いなのです。
スキンケアにおける乾燥の反対は、保湿=潤いを保つことになります。
朝のスキンケアで、じっくり保湿をしていても夕方ぐらいになるとカサついてくるということが良くあります。
化粧水で水分を補い、乳液やクリームで蓋をするという基本的な保湿では、追いつけなくなっている証拠ですから、基礎以外の部分でもさらに保湿を考える必要が出てきます。
乾燥肌だけど、スキンケアはしっかりしているから大丈夫だとメイク用品に拘らない方も多いはずです。
そこで、まず顔全体を最後に覆うのは、ファンデーションだということを思い出してください。
参考:化粧品のトライアルセットは安くて使えるね
メイクの時の下地やファンデーションを保湿性の高いものに変えてみるだけで、乾燥肌が改善される場合もあります。
どうせメイクするなら、肌にとっても良いメイクがしたいですよね。