日焼け止めは必需品!顔も体も日に焼けることを気にせず真っ黒だった学生時代、日焼け止めで解消して美白を手にしました

学生時代、日焼け止めが苦手で塗るとベタベタする感覚が嫌でほとんど塗ったりしていませんでした。すると気づかないうちにどんどんと肌は黒くなり、夏はもちろん真っ黒さらに冬も夏の日焼けが取れず黒い姿でした。

大きくなるにつれて周りが美容のことに気を使い始め、日焼け止めが必需品という環境になりつつありました。私も年頃だったのでお化粧も始めましたし、それまで嫌っていた日焼け止めを使用するようになりました。こまめに塗ることや、下地として使用すること、細かい場所まできちんと塗ることを友人に教えてもらい高校時代は日焼け止めを塗って過ごしました。すると今まで日焼け止めをしてこなかった時期とは打って変わって、肌が黒くなくなりました。だんだんと元の肌の色を取り戻し、こんなにも肌は白かったのかと感動を覚えました。それからというもの晴れの日曇りの日関係なくきちんと日焼けケアをするように心がけています。夏に白い肌を見せるのがとても楽しいです。

リプロスキンの楽天のサイトはこちら