子供の肌の治療経験が役に立っています

“わたしはごく普通の子持ちの主婦ですので丁寧なスキンケアは難しいです。丁寧なスキンケアをするくらいなら子供のスキンケアをしたいのです。

わたしの子供はアトピー性皮膚炎です。赤ちゃんの頃からなんとなく肌が荒れやすく湿疹もよく出ました。その子供も今では高校生となりましたが未だに肌の状態は回復していません。

漢方薬を飲んでいますし肌に塗る薬も毎日使っています。それでもアトピー性皮膚炎という原因も治療法もよくわかっていない病気はいっこうに回復しないのです。

一時的に症状が落ち着くときもあります。たぶん食べ物やストレスの関係だと思います。食べ物は油っぽいものを食べたり甘いものを食べすぎると、とたんに肌にかさかさや痒みが出てきます。

ストレスは大きいほど肌の状態が悪くなってしまうので、精神的ストレスはできるだけその日のうちに解決するように手助けしています。

こういうことを続けているとわたしのスキンケアの助けにもあります。いろんな肌の治療法も覚えるので自分の肌のケアで困ることはありません。子供の治療経験がわたしの役に立っています。”
ケスルンの脱毛効果